ヘッドハンティングに巧く乗れ!

若い人材に押される

IT業界で、ずっと第一線で働いていくには、
やはり環境がいいところで働かなくてはなりません。

どんな職種でもそうですが、
毎年新しい人材が同じ職種で花を開かせようと入ってくるわけです。

若い人というのは新しいことを吸収する力もあり、
考え方も柔軟ですので、企業としては「そちらを多く使いたい」と言うことも出てくるでしょう。
こういう人材とずっと戦いながら、第一線で活躍していくのは非常に大変なことです。

また、若いうちは安い賃金で働くことができても、
それなりに年齢が上がると雇う側が支払う賃金も高くなりますので、
「どうせ高いお金を払うなら、少しでも安いほうが良い」と考える企業もあるでしょう。

逆に言えば、高いお金を貰いながら、ずっと第一線で仕事をしていくためには、
それなりの環境が整っている職場を探さなくてはなりません。

そういう条件が整っている職場を見つけることは至難の業ですが、
そういう職場を探している人にとってチャンスになるのが「ヘッドハンティング」です。

ヘッドハンティングに乗る

ヘッドハンティングは、IT業界以外でもわりと行われている方法です。
たとえは、大手生命保険会社「プルデンシャル生命」で働く外交員は、
ほとんどが他の有名企業で働いていた精鋭。

業界で既に数字を挙げていたり、ある程度の業績を残していたり、
一定のラインを超えている人に声をかけ、
自分のところの外交員として働いてもらうと言う方法をとっています。

それだけに、プルデンシャル生命の外交員は、
成績さえよければ20代で年収が2000万円を超えていることも。

こうして、ヘッドハンティングに乗ることにより、
実力主義の社会で破格の給料を稼いでいる人も多いのです。

IT業界にも、ヘッドハンティングが存在します。
新しい変化が次々生まれるIT業界では、若い人材が重宝されることは事実、
しかし逆に、発想さえ柔軟でいい物を作る人なら、
「もっと良い条件で、うちの会社で働いてほしい」と言う企業がたくさんあることもまた事実なのです。

IT業界でも、本当に結果を残すことができる社員は一握りと言う説もありますので、
人員確保はどこも大変なのでしょう。
実際に、ヘッドハンティングを行っている企業もあります。

ここは優秀な人材を企業の代表者と引き合わせ、
もっと良い条件で働くことができる様なサポートをしてくれるとか。

この様な企業に声をかけてもらえれば、
IT系の第一線として、長く働くことができるチャンスを得ることができるでしょう。

ヘッドハンティングのお誘いは、突然くることも多いもの。
良い人材として見初めてもらうことができる様に、努力をしていきたいものですよね。