就職のためにスマイル0円を身につけよ

一番必要なのは笑顔

販売業にしてもサービス業にしてもそうですが、
これらの仕事をするためにまず必要なことと言えば、やはり「笑顔」です。

サービス業の際骨頂と言えばディズニーランドのキャストですが、
ディズニーランドのキャストはどんな時でも笑顔ですし、
嫌なことがあっても常にニコニコとお客さんを導く存在です。

販売業・サービス業、その中のどんな仕事であっても、
雇う側がほしい人材というのは「常に笑顔でいることができる人」であることは確か。

なぜなら、人にいつも笑顔で接することができる店員さんがいると、
お店の中がパッと明るくなりますし、通っていてとても楽しいものになるからです。

あの大手ファーストフードショップ「マクドナルド」のメニューには、
「スマイル0円」と言うものがありますよね。

これは、「笑顔は無料ですよ」と意味で、
つまり「お店の店員さんは、笑顔であることが当たり前」と言うことでもあります。
お店に立つ店員さんが笑顔でいることは、当たり前。

ですが、その「当たり前のことを当たり前にこなすことができる人材」を探すことはとても難しく
、企業側ではいつもこの人材を探しています。

笑顔の面接で合格を狙う

機転が利くこと、レジの技術が早いことなども大事ですが、
販売員やサービス業にまず求められるのは「笑顔」ですので、
面接を受けることがあれば、この笑顔をアピールしましょう。

企業の面接と言うと、緊張してしまう人も多いと思いますが、
不自然じゃない笑顔作りを面接前から練習しておくこと。

そして、面接のときに「お客さんに対するような笑顔で応じること」は大事。

とある販売業の就職試験では、質問に対する答えだけでなく「笑顔を重視した」と言う結果もあります。
聞かれた質問にしっかりと答えることができるのも重要。

しかし、それだけでなく「こちらをほっとさせるような笑顔で、
ハキハキと答えることができる様な受け答えができるか」を本当によく見ています。

だからこそ、面接ではしっかりと「笑顔」をアピールしましょう。

学歴よりも経験

販売業や接客業の就職試験で、大学の名前や肩書きなどはあまり通用しません。
はっきりいって、この仕事に求められるのは「現場でどれだけ使えるか」になります。

将来的に接客業での仕事をしたいと考えている人は、
学生のうちに「何か接客をすることができる仕事に就く」と言うことも手です。

経験者が優遇される職場ですので、
「経験があって、即仕事をすることができる」と言うことを
アピールするのは大切なことと言えるでしょう。