化粧品販売

女性に人気のビューティアドバイザー

女性であれば誰しも「キレイ」に対して憧れがあると思います。

だからこそ、化粧品販売の仕事をしている人に憧れを
抱いたことがあるという人も少なくないのではないでしょうか。

人をキレイにする仕事で、自分もキレイになれる仕事……、
女性の夢がたくさん詰まって仕事のひとつだと思います。

デパートなどのコスメティックカウンター、
美しいビューティーアドバイザーの方がたくさんいますよね。

その化粧品ブランドのカラーを出したメイク方法でメイクをしていて
「こんな風になりたいな」と思わせてくれる人たちです。

夏の暑い日に行っても、不思議なくらいに化粧崩れしていなくて、
いつもつるりとしたつやつやのお肌で店頭に立っているのを見ると、
すごいなと思います。

女性として素晴らしいですよね。

華やかに見えて大変な仕事

美しいビューティーアドバイザーの方たちは、
とても華やかな世界の人たちに見えますが、
実際にはお仕事ですから、もちろん大変なこともいろいろとあります。

まず、自社の商品をすべて覚えなくてはなりません。
そんなことは当たり前だと言われるかもしれませんが、
新製品は次々と発売されますし、もちろん定番の商品の手も抜くわけにも行きません。

自分でも実際に使ってみて、どのようなテクスチャーのものなのか、
どのようなことに効果があるのか、自分が使った時はどのような感想を持ったのか、
ただ教えられた知識を覚えるだけでは、お客様に納得して、
満足してお買い上げいただくことができませんので、日々、勉強が必要になってきます。

自社の商品を覚えるだけでなく、美容の勉強、メイクの勉強、
技術を磨くなど、美しいビューティーアドバイザーの方たちがやるべきことはたくさんあります。

接客業ですから、コミュニケーション能力の高さも大切になってきますし、
TPOをわきまえた話し方なども身につけておかなくてはなりません。

店頭に立っている美しいビューティーアドバイザーの方たちは
そのブランドイメージの顔にもなりますので、常に見られている意識を持って、
立ち居振る舞いにも気を配らなくてはなりません。

そのようなことができている人だからこそ、
わたしたちお客様が憧れ、化粧品を購入しようと思うのですから、
その努力は大変だと思います。

コミュニケーション能力も大事

お客様は一人ひとり、顔も違いますし、求めているものも違います。

一人ひとりのお客様に満足していただくために、
その人の希望を聞き出し、
その人に合ったものを選ぶ出す能力もあります。

良い美しいビューティーアドバイザーの方に会うと、
その後もそのブランドで買い物をしようと思いますし、その逆も然り……。

接客業はとても大変な仕事ですが、それだけにやりがいもあり、
目の前で人が喜ぶ姿を見ることができる感動の大きな仕事でもあります。