栄養士

国家資格で有利な就職

現在は、就職活動がいかに厳しいものであるか、ニュースになる時代ですが、
このような時代でも女性が安定して社会で働いていくために、
やはり持っていると良いのが「資格」です。

資格を取得するのは大変ですが、
代わりに一度取得してしまえば「一生モノ」の資格がたくさんありますので、
自分のキャリア形成を考えていく上で「資格」というものは切っても切り離せないものになります。

一口に「資格」と言ってもさまざまなものがありますが、
一生モノの資格としてキャリアを形成していくのであれば、
やはり「国家資格」が良いでしょう。

国家資格は、取得するために条件があったり、
たくさんの試験を乗り越えたりしなくてはなりませんが、取得するのがたいへんな分だけ、
その資格を活かした職業に就職することができますし、一度取得した資格はずっと使うことができます。

女性のライフステージと資格

女性は、人生におけるそのライフステージの変化が、男性に比べて大きいと言えます。

結婚や出産、育児などによって、キャリア形成が予定通りいかないことが出てきたり、
仕事を退職したり、転職したりしなければならないというケースも出てくるでしょう。

現代女性の生き方にはさまざまな選択肢がありますから、
もちろん一概には言えませんが、パートナーがどんなに協力的な人であっても、
出産を代わってもらうということできません。

そのため、はじめからライフステージの変化も、
ある程度予測してキャリアを考える必要があります。

国家資格のように、一生使える資格を取得しておけば、
このようなライフステージの変化にも対応しやすいと言えます。

栄養士の魅力

国家資格はたくさんありますが、
女性への資格取得としてオススメなのが栄養士の資格です。

栄養士になるためには、
栄養士を育成するための学校に2年間通い、卒業しなくてはなりません。
卒業後、さらに2年の経験を積んでから、
管理栄養士の試験資格を得ることができます。

4年制の大学などを卒業した場合には、
管理栄養士の資格試験の科目が減ることになります。

栄養士は活躍の場がたくさんありますし、実技という面において考えると、
家庭でも十分に役立つ資格ですので、女性にオススメです。

栄養士の仕事というと、
献立を考える人というイメージが強いと思いますが、実際の仕事はもっと多岐に渡ります。

就職できる場所も、学校給食や事業所給食、病院などのほか、
食品業界や美容業界などにも多くの活躍の場があります。

再就職に強いのも栄養士という職業の魅力のひとつだと思います。
一生の仕事として、やりがいのある栄養士はとても素晴らしい仕事であるといえるでしょう。