社会保険労務士

今求められる資格とは

これから資格を取りたいと考えている場合には、
どんな資格が今後に活かすことができそうかということが気になると思います。

せっかく資格を取るのであれば「求められている」
資格を取りたいと考えるのは当たり前だと思いますが、
それではいま、どのような資格が「求められて」いるのでしょうか。

最近、人気の職種としてよく見かけるのが「コンサルティング」です。
みなさんは「コンサルティング」という言葉を聞いたことはありますか?
言葉としてはよく見かけるけれど、どんな職種や仕事なのかは詳しくわからない、
という人もいるかもしれません。

コンサルティングはさまざまなシーンで必要となりますので、
コンサルティングに役立つ資格を持っていると、活躍のシーンが広がるといえるでしょう。

コンサルティングとは

コンサルティングというのは、企業などのクライアントに対して、
専門知識を活用し、客観的に現状の業務を観察することによって現象を認識したり、
問題点を指摘したり、原因を分析したりして、
対策案を作り、クライアント企業を助ける業務のことを言います。

コンサルティングという言葉には「相談に乗ること」という意味がありますが、
その通り、企業や会社の相談役がコンサルティングの仕事をしている人の役目なのです。

どのような仕事であっても、やはり企業や会社の要となるのは「人」です。
人事コンサルティングは、今後もあらゆる企業や会社で求められていくことになるでしょう。

人事コンサルティングに役立つ資格

そんな人事コンサルティングに役立つ資格として、
よく取り上げられるのが「社会保険労務士」という資格です。
社会保険労務士という資格も、名前としてはよく耳にしますが、
実際にはどのような仕事をするための資格なのでしょうか。

社会保険労務士とは、簡単に言うと、企業内で社員同士のすれ違いがおきたとき、
紛争を事前に食い止めることができる資格になります。

紛争という言葉を聞くと、いったい何のことだろうと思うかもしれませんが、
会社は多くの人が集まってできているところですから、
意見の食い違いがあったり、トラブルが起こったりしますよね。

そのようなもめ事があった時に対応するのが社会保険労務士なのです。

とくに近年は、セクハラやパワハラなど、
会社内におけるトラブルに注目が集まっていますので、
とても神経を使う仕事だと言えます。
社会保険労務士は、トラブルが起きたときに会社と従業員の意見調整を行いますが、
双方の言い分を聞き、すりあわせを行い、どうにかして解決に導いていく必要がありますので、
冷静な判断力が求められますので、感情的にならずに仕事ができる人がこの資格に向いています。