資格を取ってアピール!

事務職のアピールポイントは

事務職に就く難しさというのは、
やはり「どこをアピールしていいかわからない」と言う点だと思います。

販売や接客の場合は「笑顔」「商品知識を覚える能力」、
IT系なら「技術」をアピールすることができますが、
事務職にはそれがありませんので、
「どこでアピールしていいかが良くわからない」と言うことも多々あるのではないかと思います。

ここで、事務職に就くためにはどんなスキルを身につければいいかを挙げてみましょう。

パソコン

まず、パソコンは必須。
当たり前ですが、パソコンを使うことができるというのは今の事務職の必須条件。

これができなければ、事務職として認められないと言われるほど、
今の事務職には必要とされている技術です。

少なくとも、エクセルやワードくらいは打つことができるスキルは身につけましょう。
エクセルやワードのスキルをアピールする方法として、MOUSの試験を受けると言う方法があります。

これは、エクセルやワード、パワーポイントなどのマイクロソフト社の製品を、
いかに高いスキルで使いこなすことができるかと言う試験。

>>>マイクロソフトオフィス・スペシャリスト(MOUS)

この試験を受けることで、ある程度のスキルを持っていることの証明をすることができますので、
「就職に役立つアピールをしたい」と言う人にはオススメだと思いますよ。

パワーポイントは使う企業とそうじゃないところがありますが、
どこの企業でもエクセルとワードは必ず使いますので、
できればこちらの試験は受けておきましょう。

その他にも有利な資格

そして、事務職でアピールすることができる資格といえば「簿記」もそうでしょう。
簿記は、事務職で就職するには非常に有利な資格です。

できれは、2級か1級ととっておくと大きなアピールポイントになるでしょう。
事務の仕事をしたくて入社した人が、
「簿記の資格を持っているから」と言う理由で採用されたと言う話はとてもよく聞きます。
事務職を目指すなら、できれば簿記の資格は取得しておきましょう。

そして、意外に役立つのが「秘書検定」。

こちらは、会社に勤める上で必要な立ち居振るまいについての試験です。
パソコンなどの資格とはかけ離れていますが、それでも「人に対する対応」

「職場を円滑に回すための能力」に対しての試験ですので、
合格すれば強いアピールになります。
ちなみに、秘書検定は販売や営業でも使うことができる資格なので、
こちらへの就職を考えている人にもオススメですよ。