OA事務ってなんだろう?

自分に合った仕事を探そう

今は、昔に比べるとさまざまなエキスパート職があるように思います。
仕事をする上で、自分の特性を活かすというのはとても大切なことですので、
エキスパートになろうと勉強することはとても良いことだと思います。

もちろん、自分が得意なことやできることと、
やりたいことがマッチングしない場合もあります。

どんなに好きなことでも、
特性のないことをやるというのはかなりと努力を必要としますので、
自分が得意なことやできることと、
やりたいことをうまくマッチングできるように考えることが大切です。

現在はさまざまな働き方が存在しますので、
特性を活かしながら好きなことをする道もきっと見つかるはずです。

仕事というのは、人生と深く関わりがあるものです。

なにせ、一日の大半は職場にいるのですから、
その時間を生き生きと過ごせるかどうかは、
人生を生き生きと過ごせるかどうかに関わってきます。

自分が納得して、生き生きと輝かせることができる場所を探してみましょう。

パソコンの登場で働き方に改革

昔に比べてさまざまな働き方ができるようになった要因のひとつに、
コンピューターというものがあります。

いまは、誰でも気軽にインターネットに接続できますし、
ソフトウェアも多くの人が使いこなしていますよね。

そのためにIT関係のお仕事というのも、
一時期かなりもてはやされた時期があります。
そのような中で、仕事の場でのコンピューターの存在というのは、
切っても切れないものになりました。

コンピューター、初期の頃はオフコンなども多用されていましたが、
今は各自にパソコンが与えられるのが当たり前といった仕事がたくさんあります。

パソコンのおかげでさまざまな作業が効率化されました。
事務の仕事の多くはパソコンをメインで作業ができるようになったため、
楽になりましたがそれだけにパソコンができないと仕事をさせてもらえないという面もあります。

OA事務とは

事務にもさまざまありますが、
今、求人を見ると「OA事務」という文字をよく見かけますよね。

OA事務のOAは、office automationの意味で、
パソコンを使ってお仕事をする事務になります。

ただ、業務内容については会社によって違いますし、
現在では一般事務でもパソコンを使ってお仕事をするところがほとんどなので、
その場合でもOA事務というケースがあります。

一般的には「OA事務」と表記している求人は、
ほかの事務に比べるとパソコンの入力作業の比重が高い傾向があります。

PCへの入力作業が得意な人や、
システム用語などに抵抗がない人向けの職業だと言えるでしょう。

OA事務の割合は今後も増えていくと思いますので、
事務を希望する人はPCに慣れておくほうが良いでしょう。