経理

事務の中でも人気の経理

事務系の仕事というのは、いつの時代でも人気が高いものですが、
その中でも手堅い仕事と言えば、やはり経理です。

大きな会社であっても、小さな会社であっても、
会社を経営していく以上、経理というのは絶対に必要なものですし、
やはり専門的な知識が必要になってきますので、経理の資格や経験があると、
いざ転職したい、仕事を探そうという時にも有利になってきます。

必要な資格

経理関係の資格というと、やはり真っ先に思い浮かぶのが簿記だと思います。
もちろん、簿記は大切な経理の基礎ですが、簿記3級の資格をとったものの、
簿記の内容はぜんぜん覚えてない……という人も多いのではないでしょうか。

学校で勉強して資格だけとったという人も多いので、
簿記の資格を持っているから即、経理の仕事ができるというものではありませんし、
ひとくちに簿記と言ってもいくつか種類もありますので、
簿記3級はあくまでも基礎的な部分であるということを認識しておいたほうが良いでしょう。

簿記3級の資格に価値がないという意味ではなく、経理は実践が大切だということです。

実践が大切

逆に言うと、簿記の資格を持っていなくても、
経理部門に関わりを持っていたり、
実際に経理の仕事に携わっていたりという経験者も多くいます。

経理の仕事は幅広いので、一部を手伝っていただけで
「経理がぜんぶできる」とは言えませんが、
実際に少しでも仕事を見ているのといないのではやはり大きな違いがあります。

経理として「できる」という人は、
例えば小さな会社などに入った場合には、
経理の部門が一人しかいないかもしれませんがそのような場合でも
一年のうちの必要な経理手続きをすべて一人で行えるということが大切です。

もちろん、決算のあとなど税理士さんなどにお願いする部分も出てきますので、
どこまで会社の経理で行って、どこから税理士さんにお願いするかは会社によって異なりますので、
流れだけはきちんと把握し、自分はどこからどこまでができて、
どこからできないのか、またどこからは経験がないのかということを知っていることが大切です。

経理は会社の要ですので、できないことをできると言ったり、
やったことのないことをやったことがあると言ったりするようなことがあってはいけませんので、
経理をきちんと把握して自分のできることやできないことをしっかりとわかるようにしておきましょう。

実践経験は大切ですが、それだけが経理のすべてではありませんし、
会社によって方法が異なったり、経理担当者ごとの癖などもありますので、
基礎からの勉強も大切にするようにしましょう。