英語の資格は必須

グローバル社会

グローバルという言葉が根付いてから、
どのくらい経ったでしょうか。

大手の企業において、
世界を意識しない会社はもはやないと思います。

インターネット網が発達している現在、
多言語でのやりとりもビジネス上では必須のものとなってきました。

多言語といっても、世界にはたくさんの国があり、
そしてたくさんの言葉があります。

マイナーな言語は、
やはり話せる人口そのものが少ないので、スタンダードにはなれません。

多くの人がグローバルで共通で使用しようとしている言語といえば、
やはり英語です。

みなさんは、自分の英語力に自信がありますか?
自信がないという人は、
自分の英語力をあげるために何か努力をしていますか?

日本人は義務教育として英語を長く習っていますが、
その授業では身についていないという人も多いと思います。

また、ビジネス英語に特化しての勉強も必要になってくると思います。

みなさんがこれからのグローバルビジネスを乗り越えていくためには、
やはり英語は必要なのです。

英語でのコミュニケーションはもはや必須

会社によっては、独自の試験などを設けているところもありましたが、
現在は多くの会社がTOEICという英語の資格試験を推奨しているようです。

確かに、独自の基準を持つよりも世界でスタンダードな基準を使うほうが、
その人個人の英語力を計るのに良いと言えると思います。

また、公用の資格を取得しておけば、
転職などを希望する際にも有効なので、
勉強しておくのが良いと思います。

会社によっては、
試験費用を負担してくれるなどの制度を設けているところもありますので、
そのような制度を使うのも良いのではないでしょうか。

日本でも外資系の会社などは、
正社員のほとんどが英語はネイティブです。

どんなに仕事ができる人であっても、
海外にある本社の人とコミュニケーションをとることができなければビジネスでは失格ですので、
これは当然のことであるといえます。

外資系の会社でなかったとしても、
取引先が海外にある会社の多くは、英語を必要とされます。

実際、資料が英語しかない場合や、
会議が英語で行われるような場合もありますので、
自分だけわからないでは済まされないでしょう。

英語でのトーク力を磨く

日本人は英語ができる人であっても、
聞いたり、読んだりすることは得意でも話すことを苦手としている人が多いと言われています。

それは自信のなさからくるケースが多いと思いますので、
なるべく英語で話をする機会を多く作ることによって、
自分に自信をつけてあげるようにしましょう。

英語は小さな積み重ねで確実に上達していきますので、
小さな一歩からでも、まずは踏み出してください。